どんな側面を考慮しても納骨堂は推奨できます。

棺の上に置かれている綺麗な花

お金をかけずに

仏花

人間の命が尽きた時、遺族の人が真っ先に考えることは、どこでお葬式を挙げて、どんな納骨堂を利用していくのか?だと思います。もちろん亡くなられた方にとっては一度きりのものなので、できるだけ良い式を挙げてあげたいし、永代供養や戒名授与など、やれることは全部やってあげたいものですが、ここでも現実という壁にぶつかってしまうことになってくるでしょう。永代供養に関しては忙しい人にとって嬉しいプランなので、ここは是非お金をかけておきたいところですが、その他に関しては正直な所、涙を飲んで経済的な事を踏まえた上で、辞めざるを得ないといったことになる人も多いでしょう。墓石に関して言えば、全国的にみても170万円前後必要になってきますし、もっと言えば東京都になると200万円以上かかるケースが多いです。もちろん墓石の種類により誤差はありますが、とてもすぐに払えるような金額ではありませんよね。なので今回、あなたにとっておきの良い情報をお届けします。今、東京都にある一部の納骨堂ですが、ここでは永代使用権から永代供養、ご遺骨収蔵厨子、戒名授与、そして銘柄彫刻をすべてセットで120万円くらいで行ってくれるという素晴らしい納骨堂が存在します。本来であればもっとコストが掛かってくるんですが、これだけやってくれて120万円で済むというのは、他には到底無いといっても過言ではないでしょう。場所によって大きく価格は異なってきますので、何でもやってあげたいご遺族の方は是非ご検討してみてください。